車 シートカバー

車 シートカバー

車 シートカバー

このページは「チャイルドシートの豆知識 」の情報コンテンツです。
車 シートカバー > チャイルドシートの豆知識

豆知識

チャイルドシートの豆知識!チャイルドシートの設置は義務です。

子供と車 チャイルドシートは、2000年4月より6才未満の子供を自動車に乗車する場合は、使用を義務づけられています。 お子さんの命を守る大切なものですから、しっかりとその重要性について認識しましょう。 ここでは、なぜチャイルドシートが必要なのか、といった基礎知識から、チャイルドシートの種類や年齢にあわせたチャイルドシートの選び方のコツといった役立ち情報をまとめています。

なぜチャイルドシートが必要なのか

チャイルドシートが義務化される以前は、幼児の交通事故の死傷者数が、歩行中や自転車乗車中については減少傾向でしたが、自動車に乗車中に起こるものが年々増加していました。幼児については、助手席のお母さんが抱きかかえていたり、赤ちゃんを入れたカゴを後部座席に固定せず置いていることが多かったのです。

その場合、事故の衝撃で、幼児は車外に投げ出されてしまいます。助手席でシートベルトを締めているお母さんは無事でも、抱きかかえていた幼児は助からないという事故が多発していました。そのため、しっかりと固定できるチャイルドシートが義務化されました。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートにもお子さんのサイズによって、いくつか種類があります。

乳児用

体重10kg未満、1歳くらいまでの乳児期に使用するものです。乳児期は首がすわってないため、寝かせた姿勢で乗せます。後ろ向きで使用するものと、横向きに使用するものがあります。前向きで使用すると、衝突時に幼児の体への衝撃が強いため、後ろ向きか横向きに設置します。

幼児用

体重9~18kg以下、1~4歳くらいの幼児に使用します。首がすわり、自分で座れることが、使い始めの目安となります。幼児用のチャイルドシートは、頭部を守れるよう大きな背もたれがあり、横からの衝撃にも耐えれるように、サイドにサポートがついています。前向きに座った状態で設置します。

学童用

体重15~36kg以下、4~10歳くらいのお子さんに使用します。座面だけのものが多いですが、背もたれがついているものもあります。腰の位置を高くすることで、自動車に備え付けてあるシートベルトでしっかり固定できるようになります。法令では6歳以上の設置義務はありませんが、お子さんの体が小さく、シートベルトでしっかり固定できない場合は、チャイルドシートを利用しましょう。

チャイルドシートをすればどのくらい安全か

チャイルドシートを着用した場合と着用しなかった場合、お子さんの死亡・重傷率は大きく異なります。警察庁のデータによると、チャイルドシートを着用した場合の死亡・重傷率は0.56%。着用しなかった場合は、1.49%ですから、3倍近く違うのです。設置するのが面倒だから、すぐ近くのスーパーに行くだけだから、と安易に考えずにお子さんのためにチャイルドシートを正しく利用しましょう。

車 シートカバー 激安通販