車 シートカバー

車 シートカバー

車 シートカバー

このページは「交通事故の対処の仕方 」の情報コンテンツです。
車 シートカバー > 交通事故の対処の仕方

豆知識

交通事故を起こしたときの対処の仕方

車の事故の写真 どんなに気をつけていても、交通事故を起こしてしまうことはあります。 万一、起こしてしまったら、冷静に落ち着いて対処することが大切です。 人命を優先し、2次災害を引き起こさないよう現場の安全を確保したり、警察や保険会社への連絡等、 交通事故を起こしたときの対処の仕方についてご紹介します。

人命を優先

事故を起こして気が動転してると思いますが、まずは深呼吸して落ち着きましょう。 そして、けが人がいないか、すぐに確認してください。けが人がいる場合は救急車を呼びましょう。 なによりも人命が第一です。この際、救急救命措置をすぐに行えるようしっかり復習しておきましょう。

事故現場の安全確保

警察に確認してもらうまでは、そのままの状態で保存するのが望ましいですが、道路をふさいでいて、追突の危険がある場合は、車を道路の端に寄せて、事故が再び起こらないようにしてください。多重事故となってしまうケースが結構あります。

警察への連絡

けが人の対処と現場の安全が確保できたら、警察に連絡しましょう。どんなに小さい事故でも必ず警察に届けてください。車の事故は届け出の義務があります。当人同士で示談にして、あとでトラブルになるケースは多いのです。必ず警察に連絡して、事故の記録をとってもらうようにしてください。

保険会社への連絡

保険会社にも連絡をしましょう。あなたはたとえ事故を起こしたのが初めてでも、保険会社の方は慣れています。適切な指示を出してくれるはずです。事故の状況を詳しく説明して、保険会社の方の指示を仰ぎましょう。

相手の確認

単独での事故でなく、相手がいる場合は、車検証、免許証等を見せてもらって相手を確認してください。車名、車の色、車の登録番号は、車検証で確認できます。相手の住所、氏名、電話番号、免許の登録番号は、免許証で確認してください。

事故の状況を記録

警察が到着すれば、その指示に従うことになりますが、事故の状況を忘れないうちに記録しておきましょう。事故の経過、お互いの言い分の他に写真も撮っておくといいでしょう。後々、お互いの言い分が食い違って、賠償交渉が長引くことがあります。しっかりと記録をとっておきましょう。

 

事故を起こしてしまうことは誰にでもありえます。あなたに非がある場合、巻き込まれた場合、いろいろなケースがあると思いますが、起きてしまったことはもう取り返しがつきません。その後にいかに冷静に対処できるかが大切です。

車 シートカバー 激安通販