車 シートカバー

車 シートカバー

車 シートカバー

このページは「車のメンテナンスのコツ 」の情報コンテンツです。
車 シートカバー > 車のメンテナンスのコツ

豆知識

車のメンテナンスのコツ!月1度のメンテナンスで車を長持ちさせよう

車の写真 みなさんは愛車のメンテナンスをしっかりしてますでしょうか。 安全に快適にカーライフを送るためには定期メンテが重要です。 しっかり整備すれば、燃費もよくなりますので経済的でもあります。 ここでは最低限必要なメンテナンスをご紹介します。 それほど面倒ではありませんので、ぜひ行ってください。 皆様の車がより快適なものとなりますように!

エンジンオイルの交換

エンジンオイルの役割としては、エンジン内部の金属の各部がスムーズに動作するように潤滑油としての役割があります。エンジンオイルが劣化してくるとその役割をきちんと果たさなくなるので、一定期間で交換してあげる必要があります。交換時期ですが、基本的にはメーカー指定のサイクルにしたがって交換するのがよいでしょう。だいたい、走行距離5,000kmごとに交換、もしくは、年1回の交換が望ましいです。ターボ車については、もう少し早いサイクルで交換するようにしてください。

オートマチックフルード(ATフルード)の交換

AT車にはATフルードというトランスミッション内での潤滑剤が使われています。これが劣化すると、トランスミッションが壊れてしまいます。だいたい走行距離50,000kmを目安に交換しましょう。また、ギヤチェンジの時に、大きな振動が出るようになったら、ATフルードが劣化していますので、早めに交換してください。

タイヤについて

実はとても重要なのにみなさんがあまり気にかけてないものがタイヤです。タイヤによって車の安全性が大きく変わります。まずチェックするポイントが溝です。溝が減ってくると路面の水を流すことができなくなって滑りやすくなります。いつ交換すればよいかは、スリップサインで確認します。タイヤのサイドには三角形のマークがあります。その延長線上にタイヤがすり減ってくると、溝がなくなります。これがスリップサインです。スリップサインが出る箇所は、他の所よりも浅くなっています。このサインが出たら、直ちにタイヤを交換しましょう。

それから、もう一つ重要なのが空気圧です。タイヤの空気圧についてはみなさんあまり気にしないのではないでしょうか。空気圧が低くなると、ハンドル操作に悪影響を及ぼして危険ですし、燃費も悪くなります。適正な空気圧は車によって異なります。運転席のドアを開けたところか、給油口を開けたところに記載してあるので確認しましょう。空気圧はエアゲージで点検します。お持ちでない場合は、ガソリンスタンドで確認してもらうといいでしょう。空気圧は高すぎても低すぎてもいけません、月1回を目安に確認して調整しましょう。運転時の操作性や燃費が改善されます。

車 シートカバー 激安通販