車 シートカバー

車 シートカバー

車 シートカバー

このページは「車のトランスミッションの特徴 」の情報コンテンツです。
車 シートカバー > 車のトランスミッションの特徴

豆知識

車のトランスミッションの特徴!車購入時の悩みどころ

車と景色 車のトランスミッションには、MT(マニュアルトランスミッション)、AT(オートマチックトランスミッション)、CVTと、この3つのものが一般的です。 最近の車はほとんどがAT車ですが、MT車にも運転する楽しさがあります。 どれもよいところ、悪いところがあるのです。それぞれのトランスミッションの特徴をつかんで、 車の購入時に役立ててくださいね!

MTとAT

車のトランスミッションには大きくわけて、マニュアルトランスミッション(MT)とオートマチックトランスミッション(AT)があります。MTにはクラッチペダルがあり、ATにはありません。MTは変速のたびに、クラッチペダルを踏んでギヤチェンジをする必要があります。ATはそのような操作が必要なく、勝手にギヤチェンジしてくれるので、とても運転がラクです。最近はMT車の方が珍しくなってきました。運転免許も「AT車限定」で取得する方が多くなってきています。

運転がラクなのがAT車であることは間違いありませんが、MT車にも操作する楽しさや車の性能を十分に生かせること、燃費の良さなど利点もあります。

ATとCVT

AT車にも実は二つの種類があります。それがATとCVTです。通常のATは階段を上ったり、下ったりするように段階的にギヤチェンジを行います。一方のCVTはギヤではなくベルトを使っているため、変速ショックがありません。無段階変速車と呼ばれます。CVTは動力の伝達効率がいいため、燃費もよいと言われています。

CVTの方が優れているような気がしますが、現実はそんなに簡単ではありません。CVTにはベルトの強度とベルトの摩擦によるエネルギーのロスという問題があり、車体重量もATよりも重くなります。そのため、思ったよりも燃費の良さが活かされていないのが現状です。まだ歴史の浅いCVTに比べて、従来のATの方が改良が進んでおり耐久性も高く、燃費効率も改善されています。

どのトランスミッションを選んだらよいか

どのトランスミッションがよいかは好みになってしまいますが、ギヤチェンジを自分でして、車を制御している感触を楽しみたい方はMT車がいいでしょう。車の運転にあまり人がない方やできるだけラクに運転を楽しみたい方は、ATかCVT車がいいです。

ATとCVTをどちらを選ぶかについては、機能としてはCVTの方が優れています。ただそれがどこまで実現できているかというと少し怪しくて、安定感はAT車の方が優れています。また、CVT車はギヤチェンジがわかりませんので、ギヤチェンジ時の感触が好きな方はAT車の方がいいでしょう。価格はAT車の方が安く、CVT車の方が高めです。燃費はCVT車の方が優れているでしょう。

車の運転そのものを楽しみたい方はMT車、運転が楽な方がいいが、ある程度MT車のような車の挙動を楽しみたい方はAT車、どちらかと言えば、燃費がよくスムーズに動く車が好みの方はCVT車がよいのではないでしょうか。

車 シートカバー 激安通販